成長しつづけるアメリカ企業

現在、日本株が騰がるかどうかは、ドル円の為替レートにかかっている。

 

というのも日本企業の成長力は、欧米企業の成長力より劣っていて、積極的な投資対象ではないからだ。

 

たとえばここ20年くらいで、アメリカでは超大企業が誕生している。

 

例えば、グーグルやAmazon、ツイッターやFacebookなどといった企業だが、これらの企業の時価総額は、一社当たりなんと20兆円を越えるという。

 

しかもまだまだ成長の余地がある。

 

というのも積極的に海外展開し、電気自動車や自動運転・ドローンなど、成長性があるビジネスに挑戦し続けているからだ。

 

株価もこの10年、右肩上がりで成長している。

 

Amazon社の株価の月足チャート(2006-2016)
成長するアメリカ企業 成長しない日本企業
Apple社の株価の月足チャート(2006-2016)
Facebook社の株価の月足チャート(2012-2016)


チャートの読み方と売買ポイントはこれでOK

相場師朗の「株の10ステップ」



成長していない日本企業株なんて誰が買う?

一方、日本でこの20年、大企業に成長したのは、ソフトバンク、楽天市場、ユニクロなど、殆どが内需産業だ。

 

これらの株は既に高値になっているし、国内でのさらなる成長も難しく、海外展開もさほどうまく行っていない。

 

いろんな分野に手を出しているのは確かだが、あまり成長性が見込めない。

 

株価も、年々上がるという感じではない。

 

ソフトバンク・グループの月足チャート(2006-2016)
ファーストリテイリング(ユニクロ)の月足チャート(2006-2016)
楽天の月足チャート(2006-2016)
一方、海外で事業を展開している、トヨタや日産、ソニーやホンダなども、既に成長が止まってしまい、新しい投資先としては魅力が無い。

 

トヨタ自動車の月足チャート(2006-2016)
ソニーの月足チャート(2006-2016)
ホンダの月足チャート(2006-2016)
この10年に渡る月足チャートを見て、成長性の視点で株を買おうという投資家は、果たしてどれくらいいるだろう?日本の大企業というのは、今こういう状態なのだ。

 

円安で株が騰がり、円高で株が下がるというのは、あまり強い経済ではない。

 


広告


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!