このページの目次

デイトレードは、疲れる。

デイトレードとは、一日のうちに何度も株を売り買いする投資法だ。

 

同じ株を買ったり売ったり、要するに完全に投機だね。

 

また、刻々と変化する中で買ったり売ったりするので、ギャンブルとも言える。

 

こういう事は、確かに楽しいし、一攫千金の夢も叶えてくれるかも知れない。

 

ただ、ボケ防止や、老後の備えのための株式投資としては、疲れていやだ。

 

たまにやるなら良いけど、毎日やると疲れ果てる。

 

まあしかし、老後というのは毎日が暇だから、やりたいときだけやって、あとはまた放っておくというやり方も良いかも知れないから、一応、やり方を押さえておいた方が良いかも。

 

携帯を使いこなす若い人や、日中時間のある主婦では、流行っているそうだし。

 

ただし、これはもう短期投資そのものだから、危険なトレードといえる。

 

というのも、一日の数時間の間に、利益を上げようとするわけだから、株価の動きが激しい銘柄だけしか、狙えない。

 

長期投資なら、数週間後、数ヶ月後に上がっていればいいわけだから、徐々に変化している株でも、投資の対象になる。

 

が、デイトレードや短期投資の場合は、そういう株は使えないので、株価が激しく上下動する銘柄に限定されるわけだし、他のデイトレーダーもそれを狙ってくるから競争も激しい。

 

短い時間で大きく株価を上げる場合もあれば、あっと言う間に下がる場合もある。

 

はっきり言って、こういう短期取引というのは、ずっとパソコンの前にいないと失敗する。

 

ネットの向こう側には、いろんな作戦を練っている連中が山ほどいるから、素人はあんまり手を出さない方が賢い。

 

短期でよく動く銘柄というのは、大手企業は少なく、中小企業や新規企業が多いのだが、こういうところは業績が安定していないので、本当に危ない。

 

仕手筋なんて言って、誰かの意図で株価の上下動が起こるケースもあって、素人がこう言うところに入り込むと、簡単に損させられてしまう。

 

そういうわけでデイトレードというのは、疲れるし、その割にはあまり稼げないもの。

 

ボケ防止には良いが、血圧には悪いだろうね。

 




広告

このエントリーをはてなブックマークに追加