★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

後場寄り上昇、40分から下落のパターン

前場の寄りつきは、激しい売買が飛び交うが、後場の寄りつきは、静かなスタートになることが多い。

 

しかし10分たった頃から、急に風向きが変わり始める。

 

後場の始まりは12時半からだから、だいたい12時40分前後から、方向感が定まってくるのだ。

 

たとえば後場寄りでは騰がっていたのが、売りが増え始めて下がり始めたり、逆に下がっていたのが、少しずつ回復したりと言う風に。

 

もちろん、後場寄りで少し下がって、40分くらいからドーンと下がると言うこともよくある。

 

ただ、12時半から午後1時くらいまでは、トレーダーにまだ買い意欲が残っていて、大きく売られても、それを買い向かう動きが出る。

 

後場寄り上昇、40分から下落
このチャートは、大口の買いが断続的に入り、11時頃から利確売りが続いたあとのチャート。

 

前引けに大きく売られてしまったが、短期筋が売り抜けただけと判断して、後場の寄りつき10分も買いが入って値を戻す。

 

しかし12時40分前後から売りが出て、午後1時前にはまた株価が押し下げられた。

 

通常は1時過ぎに売りが出て下がると、下落トレンド入りになることが多い

 

が、この日のこの銘柄は、買いが断続的に入り、揉み合い状態になって、ジワジワ右肩上がりに騰がっていった。

 

そうして大きな売りが枯れて、最後は高値ブレイクしてで引けた。

 



後場寄り下落、40分から上昇のパターン

後場寄りから10分間は、買いが入ると次に売りが来る

 

10分間株価が上昇しても、12時40分くらいから、売りが増え始めて株価が下がる。

 

これは下落トレンドでも同じで、後場イチは高くなっても、そこから売りが出て、そのまま午後1時頃から大きく下がり始めたりする。

 

後場寄り上昇、40分から下落のパターン2
このチャートでは、前場で激しく売り買いが出つつ、株価がジワジワ下がっていったパターン。

 

前引け前に売りが減ってきて、調整完了かと思いきや、買いが衰えて大幅下落、辛うじてプラスで終了したケース。

 

後場寄り下落、40分から上昇のパターン
こちらは、後場寄りから売りが出て下落し、12時40分から買いが入って1時まで上昇するパターン。

 

午後1時に向かって買いが入っても、そこからが実は大問題で、横ばいになり出したら失速する。

 



株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄を見つけろ!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ウイークリートレード決定版!「5日株トレード法」全セット

★第6位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225miniで稼ぐ秘訣!株価暴落時のヘッジもZONE〜NEW WORLD〜

このエントリーをはてなブックマークに追加