株式投資を始める準備:口座を開く

株式投資を始めるには、まず証券会社に取引用口座を開かないといけない。

 

証券会社と契約を結び、口座に預けたお金を使って、証券会社に株を売り買い代行してもらうことになる。

 

口座にお金を入れた後、株の売買の注文を証券会社に出し、株券の購入や管理、売却などを証券会社にしてもらうわけだ。

 

株を買う金は口座から出て行き、株を売った金は口座に入る。

 

だから儲けを手にするには、口座からお金をおろすことになる。

 

野村證券には、セブン銀行のATMがあるが、そういうところでお金を入れたり引き出すことができる。

 

口座の作り方は、証券会社に行って、「取引口座を作りたい」といえば口座を作れる。

 

必要なモノは、印鑑と免許証など身分を証明するもの。

 

ネット証券(インターネットで売買できる証券会社)の場合は、証券会社のホームページに申し込みフォームがあるので、そこから申し込むと書類がくるので、それを記入して送り返せばよい。

 

ただし、ネット証券でも免許証のコピーなどは必要で、手続きに必要なモノは同じだ。

 



チャートの読み方と売買ポイントはこれでOK

相場師朗の「株の10ステップ」



証券取引口座を作ったら入金

証券会社を決め、申込が終わったら、取引をするための口座にお金を入れる。

 

それが終わったら、株の売買が可能となるが、手続き開始から、だいたい一週間から二週間くらいはかかる。

 

口座には

  • 一般口座
  • 源泉徴収無しの特定口座
  • 源泉徴収ありの特定口座
などの種類があり、それぞれ税金の扱いが異なる。

 

初めての場合は、手間の少なめの源泉徴収あり特定口座が良いという。

 

口座の種類は、一年間変更できないので、間違えないように。

 

たいていの場合、口座の開設費や口座維持費は無料だ。

 

で、実際に株を買ってみるわけだが、最初は単元株が低い銘柄を探すと良い。

 

単元株の価格というのは、最低取引株数×株価で計算するが、それが低めのものを買って様子を見てみる。

 

単元数は銘柄それぞれに設定されており、例えば1株単位で購入可能な銘柄もあれば、百株とか千株単位でないと購入できない銘柄もあるのだ。

 

だから株価が500円だったとしても、実際に買えるのは百株単位や千株単位で、5万円、50万円の資金が必要になるわけ。

 

株式投資はギャンブルではないので、口座にあるお金全部使う必要はないし、あわてて買う必要もない。

 

ねらい目を探しつつ、とりあえず少額で取引を始めてみる。

 


広告


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!