★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

自分では、なかなかボケていることに気づけない

ボケというのは、脳の前頭葉の働きが鈍っている状態だ。

 

起きてから時間がたっているのに、寝ぼけているような感じになったり、アルコールも入ってないのに、酔った様な状態になる。

 

ちょっと前のことを覚えておらず、モノを考えたり、判断することができなくなる。

 

モノを考えたり、判断するのは、前頭葉の働きなので、ココが鈍ると、考えたり決めたりできなくなる。

 

具体的には、

ボケの初期症状の例
  • 脳が働かず、何にもできなくなってしまう。

     

  • 人に話しかけられたときに、うまく反応できない。

     

  • 言葉がなかなか出てこない
  • 思考がすぐに途切れてしまう。

     

  • よく知っているはずの人や物の名前が出てこない
  • 何かしようと思ったのに、それが思い出せない。

     

  • 電話で人の話を聞いても、その内容がすぐに頭から抜け落ちる
※「フリーズする脳」より
と言ったことが起こる。

 

ただし、ボケ症状を自覚するのは難しい

 

身近な人間から見て明らにボケていても、本人は、なかなかボケに気づかない。

 

ボケというのは、寝ぼけてたり、酔っ払ってたときと同じような状態だから、本人には記憶が残ってないからだ。

 

何もせずにただボンヤリしていたり、簡単な仕事が、なかなか終わらなかったり、こういうことが度重なって初めて、ようやくおかしいなと気がつく。

 



デイトレで利確・損切りができなくなった なぜ?

ボケていると、決断すべき事を、決断すべきタイミングで行えなくなる。

 

私の場合は、株のデイトレをやっていたときに、株を売るタイミングを外しまくって、何かおかしいなと気がついた。

 

デイトレで株価が急落し始めたら、いったん株を手放すのが定石だが、調子が良いときはそれが簡単にできる。

 

ところがうまく利益確定・損切りできる時と、タイミングを外してそのまま放置してしまう時がある。

 

5分足チャートや板情報から、「そろそろ逃げないと」「ここから急落しそう」などと分かるのだが、なぜかフリーズする。

 

フリーズというのは、「凍った様に立ちすくむ」ってことだけれど、それで利益をフイにしたり、小さな損切りを、大損切りにしてしまう。

 

ちゃんとしたタイミングで逃げておけば、こんな大損切りせずとも良かったのに、…などと思うが、なぜか動けなくなってしまう。

 

デイトレでも、5分や10分の時間はあるので、判断出来る時間の余裕はあるはずだが、なぜかそこで、ボンヤリ時間を過ごしてしまう

 

こういうことが何度も何度も続いて、一体何でこうなってしまうのか、途方に暮れてしまった。

 

そこで「もしかしたら、ボケてるのかも」と思って、認知症やボケについて調べ始めたところ、、まさに「ボケていた」のだ。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225