★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

デイトレ 大引け直前にありがちなこと

デイトレでよくあること。

 

今回は「大引け直前」の話。

 

5分足チャートをずっと見ていると、午後2時半くらいから、このあとどうなるかが心配になる。

 

というのも株価が大きく崩れるのも、高値引けになるのも、この時間帯の動きで決まるからだ。

 

ストップ高に貼り付いていても、急に売り注文が増え出して、剥がれたあとは真っ逆さまに落ちる。

 

場合によってはマイナスになり、ヒドいときにはストップ安になる。

 

こういう光景も何十回と見てきた。

 

なので大きく崩れたときに、どう判断して、どう行動するのか、それを予め決めておかねばならない

 

問題になるのは、たいていの場合、高値で揉み合っている場合だ。

 

この高値がどこまで続くのか、高値引けになるのか、それとも利確売りが連続して、大きく下がって終わるのか。

 

その当たりがどうなるか、非常に判断が難しい。

 

右肩上がりに上昇するも、大引け20分前から崩れる
この銘柄のケースでは、大口の買いも多いが、利益確定の売りも多くて、判断に困る。

 

こういう場合、揉み合いが続いてたところで、売りが止まるかどうかが問題になる。

 

この場合は、前場の揉み合いの水準まで下げて終わったから、後場の上昇分が帳消しになった。

 

なので前場の安いところで拾っておれば、含み益が多少減るくらいですむが、後場に買った人は損切りするかどうか悩みどころ。

 

この場合、利確するかどうかは、「翌日どうなるか」で考えれば良い。

 



大引け直前は引けてみるまで油断出来ない

デイトレをやっていると、大引け前に波乱が起こるケースを毎週のように見るようになる。

 

もちろん、動きの鈍い大型銘柄では、そういう事は少ないだろう。

 

が、デイトレ向きの値動きの大きな新興市場株や低位株では、こういうことは毎日のように起こる。

 

ストップ高まで騰がったのに、最後の最後で崩れて、上昇幅が大きく縮んでしまったり、逆にマイナスで終わったりすることも多い。

 

こういう場合、大きく分けて2パターンになる。

 

  • 銘柄の人気が無く、売りに潰される
  • 株価が十分に上昇して、利確したい大口が多い
後に株価が10倍以上になったような、テンバーガー銘柄であっても、初動の頃は大引け直前に、ドーンと売られて終わったりしている。

 

というのもテンバーガー株というのは、それまで日の目を見なかったマイナー銘柄である事が多い。

 

これがまさか10倍になるとは、多くのトレーダーが思ってもいないから、ちょっと大きく上昇すると、すぐに利益確定の売りが出て、それで株価が下に押し下げられる。

 

場合によっては、初動の前より株価が下がったりする。

 

そしてそういう時期を乗り越えて、株価が大きく上がったら、今度は利益確定したい大口が、売りタイミングを探し始めている。

 

こういう場合は、買い板があるウチに売れ、という感じで、投げるように持ち株を売ってくる。

 

なので売りが売りを呼ぶ展開になり、ストップ高からストップ安まで動いたりする。

 

1〜2週間くらいかけて上昇した分が、2〜3日で消えてしまうことも多い。

 

そういうわけだから、株価が5割以上騰がっている銘柄は、いつ崩れてもおかしくない

 

そのタイミングがどこで来るかは、ある程度パターンがあるが、大引け直前に崩れるのも、そのパターンの一つって事だね。

 

午後2時45分から大きく崩れた5分足チャートの例

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄を見つけろ!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ウイークリートレード決定版!「5日株トレード法」全セット

★第6位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225miniで稼ぐ秘訣!株価暴落時のヘッジもZONE〜NEW WORLD〜

このエントリーをはてなブックマークに追加