底値なんか狙えない

株式投資の本などを読むと、底値で買って高値で売れ、なんて言うことが書いてある。

 

日足チャートなんかを掲載して、ここで買って、ここで売ればいい、なんていいう風に書いてあることもある。

 

このとき、最安値付近が底値(そこね)で、最高値付近が高値だ。

 

しかし実際株式投資を始めて見ると、こういうのは理想でしかない。

 

底値で株を買うというのは、そう簡単なことではなく、狙って底値を買うのはまず無理だ。

 

たとえばトヨタはリコール問題で、株価が何割も下がることがよくある。

 

そして年初来安値くらいの株価をずっとウロウロしているので、これ以上下がることはないと思って買いつけた。

 

つまりそこが恐らく底値で、これから株価は上がると思ったわけだ。

 

ところが実際には、株価はさらに下がり続けた。

 

というのも悪い材料があると、さらにそれを裏付ける材料が出たり、状況がさらに悪化しそうなニュースが、後から後から追加で出てくるからだ。

 

株価が下がった後にヨコヨコに動いていても、「下げの一服」である事が多くて、悪材料が出尽くすまでには、かなり時間がかかるものなのだ。

 

そのため、問題があって株価が下がった後、「そろそろ底値だろう」と思って買いに入ったとしても、さらに一段安になって損になってしまう。

 

どこが底値だったかどうかは、株価が上昇し始めた後に分かることなので、底値なんか狙えないし、狙うべきでもないのだ。

 

少なくとも、悪い材料が出たあと数ヶ月は、株価は上がらないと思った方が良いだろう。

 

トヨタ自動車(7203)の日足チャート例
底値なんて狙えないし、狙ってはいけない

リバウンド・底値狙いの欠点、上値が重くなる

底値狙いはなかなか難しい。

 

というのも企業に問題がある場合は、悪い材料が続いて出たりするからだ。

 

下落が止まって一服しても、また悪材料が出て一段安になる。

 

地合いが悪くて下がっている場合は、すぐに株価が戻ることもあり得るが、一旦下がった株価が、急に回復するのはあまり期待することはできない。

 

というのも特に何の材料もないのに、株価が上がると言うことは無いからだ。

 

「この株は安すぎる」と思って買う人も多いが、一旦大幅下落した株価は、そう簡単には上がらない。

 

というのも高値で株を買った人が山ほどいると、株価が少し回復するたびに、売りが出て株価が押し下げられるからだ。

 

これを「ヤレヤレ売り」などと言う。

 

大幅下落した株の株価が回復して、塩漬けになっていた株を「ヤレヤレ」と手放すからだ。

 

こういう売りが次から次へと出る状況を「上値(うわね)が重い」と表現する。

 

株価が上がるたびに、息を吹き返す高値づかみホルダーがいるため、たとえ底値で株を買えたとしても、株価はなかなか上がっていかないのだ。

 

底値狙いが難しい、あるいは儲からないのは、

  • 一段安もある
  • ヤレヤレ売りで上値が重い
と言うことだな。

 

もちろん、買い手がたくさん現れると、株価はグングン上がるものだけれど、上値が重そうな銘柄は敬遠されるから、そう簡単には買い手は増えない。

 

というのも、上値が軽い、他の株を買った方が期待出来るしね。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2