日経平均が、大きく動く日とは

デイトレをしていると、株価が急落しやすい日というのがあるのに気づく。

 

たとえば週の後半の木曜日や金曜日は、ポジション調整や手じまい売りで、ガクンと大きく下がることが多い。

 

ポジション調整というのは、保有株や建玉の整理のことだ。

 

翌週に持ち越す銘柄・建玉と、見切りをつける銘柄・建玉や、株数を減らす銘柄を切り分けて、減らす分を見切り売りする。

 

これは土日の休みの間に、何が起こるか分からないため、リスク回避で起こる動きの一つだ。

 

なので3連休だとか、ゴールデンウイークなどの大連休前は殆どの銘柄が売られて下がる。

 

特にゴールデンウイーク明けというのは、3月決算企業の決算発表が集中していて、今期の見通しが悪く出ることも多い。

 

年度初めというのは、今年度の為替レートも予想出来ないし、今期予想を控えめに出す企業が多いので、どうしても見通しが悪くて売り材料になる。

 

そのためここで一旦、株を手放して、利益確定する動きが出てくるのだ。

 

また新興株や低位株で急騰していた株も、休日前の週末に急騰が止まって、逆に大下落が始まることが多い。

 

急騰株というのは、一種のバブルで、妥当な適正株価より騰がり過ぎる傾向がある。

 

そのため、休日に悪い材料が出て、バブルが弾けることを嫌って売りが出る。

 

ストップ高を交えて騰がった急騰株は、ストップ安の連続もあるので、こういうことになる。

 



世界的企業は、世界経済の動向で動く

主力銘柄が揃う日経平均株価は、大きなイベントがある前後に動きやすい。

 

日経平均株価は、東証一部の225銘柄の単純平均の株価だが、その中には世界で稼ぐ企業も多い。

 

トヨタやホンダ、東芝や日立、ソニーなどと言った超有名企業や、世間的には知名度がないが、業界内の世界シェアがでかい企業がある。

 

こういった世界で稼ぐ企業の株価は、世界経済の動向に大きく影響を受ける。

 

というのも、これらの銘柄は、世界の機関投資家たちが売買対象にしている銘柄だからだ。

 

そのため、日本の国内事情とは全く関係のないところで、株が売られたり買われたりする。

 

たとえば原油価格が暴落した2015年から2016年前半には、原油の収入に頼っていたアラブやロシアなどの産油国から、株を大量のに売る動きが出た。

 

つまり産油国が持っていた大量の日本株や欧米株が、どんどん市場に出てきたため、それで世界的な大幅下落が起こった。

 

その結果、原油先物価格と、株価が連動するという、新しい相関性が見られるようになった。

 

日本は原油の99%が輸入だから、原油価格が下がると製造コストが下がり、メーカーの利益が増えて儲かりそう。

 

なので株価の上昇要因になりそうだが、アメリカの株安によって円高になり、日経平均株価も押し下げられてしまった。

 

原油価格と株価の相関関係

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2