踏み上げ相場とは

踏み上げ(ふみあげ)相場とは、カラ売りの買い戻しによって、株価が加速する相場だ。

 

通常の株取引というのは、売り手と買い手がたくさんいるので、あまり一方的には動かない。

 

朝の寄りつきで始値が決まったあと、買いが勝るか売りが勝るかで、株価がジワジワ動くし、買い板が厚くなってきたら、大口がドーンと売ってまた下がったりする。

 

ところがどういうわけだか、ジワジワ株価が上がったあと、急上昇を始める銘柄もある。

 

材料があって株価が上がりだすと、それに気づいたデイトレーダー達が集まり始め、売り板をどんどん買い上げてしまうからだ。

 

買いが急激に増えてストップ高に貼り付く5分足チャート
こういう事は、時価総額の小さな、新興市場株ではよくあることなのだが、東証一部銘柄でも、たまに起こる。

 

それがカラ売りの買い戻しによる「踏み上げ相場」という現象だ。

 

株価が低迷している銘柄は、良い材料があっても、すぐに株価が下がってしまう。

 

人気が無い銘柄というのは、ちょっと騰がっても、一週間もすればまた元の水準に戻る。

 

そこで人気薄銘柄で、カラ売り出来る銘柄には、カラ売りで儲けようというトレーダー達が待ち構えている。

 

ところが、ちょっとした材料なのに、人気化して株価が大きく上がることがある。

 

こういう場合、カラ売りが急いで買い戻されるため、株価が急騰し始めるのだ。

 



貸株注意喚起と逆日歩

人気が無い貸借銘柄は、カラ売りを狙われやすい。

 

元々人気が無いので、好材料が出て急騰しても、1日2日で織り込まれて沈静化するからだ。

 

そこでカラ売りを得意とするトレーダーは、高値でカラ売りを仕掛ける。

 

ところが、人気が徐々に出始め、カラ売り師の予想に反して、株価が下がらずジワジワ上がり始める。

 

こうなると、売り玉の含み損が、ジワジワ増えていく。

 

しかし売り方は、「この辺で株価の上昇が止まる」と思ってカラ売りしているので、さらにカラ売りを追加したりする。

 

そうしているうちに、だんだん貸借(たいしゃく)倍率が小さくなっていく。

 

貸借倍率というのは、信用買いとカラ売りの比率だが、カラ売りの方が多くなると1より小さくなる。

 

そして日証金で用意している貸株が、足りなくなってくると出るのが「貸株注意喚起」というものだ。

 

貸株注意喚起というのは、「貸株が足りなくなってきた」という意味で、その次に「新規貸し出し停止(売り禁)」が出る。

 

さらには「逆日歩(ぎゃくひぶ)」が付いて、日証金から株を借りている人全員に、追加の品貸し料が課せられる。

 

そこでカラ売りの買い戻しが増え、株価がさらにどんどん上がっていく。

 

不人気銘柄の株価が上がる↓カラ売りが増える↓銘柄が人気化して、さらに株価が上がる↓さらにカラ売りが増え、逆日歩が付く↓カラ売りの買い戻しで、さらに株価が上がる
と言う風に、カラ売りをてこにして、株価がどんどん上がっていくのが、「踏み上げ相場」と言うものだ。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2