株価2倍で半数を利確する理由

株価が2倍に高騰すると、利益確定売りが、急に増える。

 

というのも急騰株というのは、株価が急激に上がるため、どこで利益確定したら良いか、利確の目安がない。

 

株価がジワジワ上がる場合は、あまり急降下しないので、ピークを過ぎるまでじっくり株を持っておれば良い。

 

しかし急騰株の場合は、下がるときは雪崩のように下がる。

 

なので株価が大きく下がる前に、少しずつ利益確定していって、まず投資金を回収しておくわけだ。

 

そのために、株価が2倍になったら、半分利益確定するための売りが増える。

 

株価2倍でピークになっても、最初の投資金額は回収できているし、残りは全て利益って事になるしね。

 

実際、急騰株の殆どは、株価2倍程度でピークになって、下落し始めることも多い。

 

だから急騰株の性質をよく知ってる人ほど、株価2倍のところで利確売りを出してくる。

 

そしてこの大利確大会が終わっても、買いの勢いが衰えなければ、古いホルダーの株が新しい買い手に渡り、さらなる上昇が始まるわけだ。

 

一方、株価2倍で半分を利益確定したトレーダーは、あとはもう恩株だけだから、ピークを過ぎるまで株は売ってこないのだ。

 



祭りの後 株価2倍の利益確定祭りの後は、穏やかに上昇

株価が2倍くらいまで上昇すると、投資資金を回収しようとして、利益確定の売りが急に増える。

 

株を初動で買い集めた大口も、初期投資資金を回収するために、株価が2倍になると、半数を利益確定する。

 

その結果、株価が2倍を超えたあたりで、大きな売りが続き、株価2倍でピークになって、下がり始める急騰株も多い。

 

ところが株価2倍の利確売り祭りをしのぐと、そのあとは大きな売りが出ることは少なくなる。

 

というのも、半数利確で資金を回収し、利確せずに残した株は、丸々利益になるワケなので、特に慌てて売る必要がなくなるからだ。

 

そして株価2倍のところで買いに入った者も、まだ利益が乗っていないわけだから、特に売る動機を持たない。

 

そのため、株価2倍越えのところで、大きな売りが続いて激しく株価が上下に揺さぶられた翌日は、たまに大きな売りこそ出るものの、前日の大騒動がまるでウソだった…かのように穏やかに動く事が多い。

 

台風一過の後の晴天とまでは言わないが、慌てて売ってくる事が減るため、大陰線は少なくなって安定してくる。

 

サノヤスの場合も、多少大きな売りが出たモノの、割と簡単にストップ高まで上昇した。

 

さらに翌々日は休日前で、手じまい売りが出やすい金曜日だというのに、早々にストップ高に貼り付いて終了した。

 

サノヤス 急騰7日目と8日目の5分足
もちろんこの間、逆日歩10倍適用中で、踏み上げ狙いの買いが集まったせいもあるが。

 

サノヤス 融資・貸株残高詳細 その2

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2