寄りつきで、あっと言う間に貼り付く銘柄とは

デイトレでありがちな失敗。

 

「寄りつきで成り買いして失敗」だ。

 

何か良い材料が出た株は、特買いスタートになることが多い。

 

そしてそれが強い材料の場合は、寄ってから数分のウチにストップ高まで騰がって張り付く。

 

たとえばバイオベンチャー株であれば、何か材料が出れば、株価が吹き上がる。

 

大手製薬会社とマイルストーン契約を結んだなどと言う材料だと、あっと言う間にストップ高に貼り付く。

 

というのも開発している新薬候補物質(パイプライン)が大手製薬会社に認められると、資金援助が約束されて、黒字化の見通しが付くからだ。

 

このバイオベンチャーというのは、特定の病気の治療薬や治療法を開発している企業だ。

 

たいていの場合、大学医学部の教授などが、自分の研究を進めるために興していることが多い。

 

新薬の研究開発費は、年間20億円くらいかかるので、バイオベンチャーを興して、株式をマザーズなどに上場した上、増資で資金調達するのだ。

 

そうして毎年毎年、赤字経営で、高齢のように新株を発行しているため、いつ倒産してもおかしくない状態だ。

 

こういう企業には、機関投資家は、なかなか手を出しにくい。

 

そのため個人投資家や、小さな投資グループだけで、株が売買されているケースが多い。

 

しかしパイプライン開発が認められ、資金援助が得られるようになると、倒産リスクが減り、投資しやすくなる。

 

バイオ投資ファンドなどにも組み込まれ、売買代金も多くなったりする。

 

なのでこういう良い材料が出ると、売買が盛んになって株価は安定するので、材料が出た初日は、あっと言う間に、ストップ高まで騰がって貼り付く事が多い。

 

少し揉み合ったあと、ストップ高に貼り付く


デイトレできる環境で、成り買いする必要はあるのか?

好材料が出た時、株価は急騰する。

 

しかしそれが長続きするかどうかは、材料や銘柄の人気による。

 

なので寄りつきで成り買いすると、思わぬ大損をすることも多い。

 

というのも弱い材料の場合や、銘柄の人気が弱い場合は、寄りつきで高値で寄ったあと、大量に売りが出て株価が押し下げられる。

 

日頃から人気が無い銘柄の場合、株価が吹き上がったら、既存株主は売って利確しようとするし、カラ売り狙いのトレーダーも、高値でカラ売りして利益を取ろうとする。

 

その結果、寄りついたあとの数分が、その日の高値になって、ダラダラ下がったりする。

 

いわゆる「寄り天」というやつだ。

 

バイオベンチャーで好材料が出ると、たいていは大幅高で終わることが多い。

 

ところが地合いが悪かったり、他のバイオ関連株が大幅下落していると、好材料が出ているのに寄り天になる。

 

バイオ株を買う人というのは、いろんなバイオ銘柄を持っているので、持ち株や建玉が下がっていると、そちらの対応で忙しくなってしまうらしい。

 

好材料が出て高値で寄りつくも、寄り天井
好材料が出たのに、なぜか下げ止まらないケース。

 

材料が出たのに、こういう下がり方をすると、どこで見切りをつけたら良いのか分からない。

 

こういう下がり方をすると、損が損を呼びやすい。

 

というのも材料が出ているから、マイナスにはならないと思って、ナンピンを重ねてしまうからだ。

 

株数がどんどん増えた上、さらに下落が続くので、含み損がみるみる増えてしまう。

 

なのでデイトレ出来る環境にいるなら、寄りつきの成り買いは避けるか、小株数の打診買いにすべきだな。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2