★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

月曜日の前場はギャップダウンスタートになりがち

デイトレにありがちなこと。

 

次は月曜日特有の値動き

 

月曜日というのは、たいていの場合、利益確定売りから始まる

 

プロトレーダーやセミプロトレーダーは、一週間単位や月単位で動いているため、普通は週前半に買って、後半に売る。

 

週後半は、保有銘柄や建玉を、翌日に持ち越すかどうかを決めて、ポジションを調整する。

 

ポジション調整というのは、要するに「次週に持ち越す銘柄・建玉」と「決済して切る銘柄・建玉」を、選別してそれを実施するわけだ。

 

そこで通常、手仕舞いをするのは、木曜や金曜日の週終わりになる。

 

ところが週の後半には、買い板が薄くなってしまうため、大口投資家は処分に困る。

 

たくさんの買い注文がないと、大量の株数を捌くことができないので、大口は買い注文が多い月曜日の前場で売るということらしい。

 

そのため、特に材料がない銘柄の場合、月曜日の前場はギャップダウンして、そのままヨコヨコになることが多い

 

金曜ダラダラ下がり、月曜前場ヨコヨコの5分足チャート(その1)
金曜マイナスで、月曜前場ヨコヨコの5分足チャート(その2)


月曜日の後場から動き出す

月曜日の前場は、売りから始まることが多い

 

というのも土日の休みを挟むと、なにかと経済環境が変わっていて、物の見方が変わってくるらしい。

 

そこで見切りをつけた銘柄を売り、新しい銘柄を買いに入ったりする。

 

あるいは大幅下落になりそうな場合は、さっさと損切りして現金化する。

 

こうなると、問題になるのが、どこで売りが買いに替わるか?だ。

 

たいていの場合は、前場の後半から、新たな買いが入り始めるが、後場寄りから仕掛け的な買いが続くことも多い。

 

特にストップ高になるような新興株や低位株の場合であれば、前場とはまるで見違えるような雰囲気になる。

 

そこで、カラ売りがあるような銘柄では、急に買い戻しが起こって急騰したりする。

 

いわゆる「踏み上げ」というやつだが、これがあると、その週は賑わい続けたりする。

 

月曜日の後場寄りから買いが入るパターン
こういう銘柄は、大口が集まると騰がるし、大口が抜けると株価は低迷する。

 

なのでその銘柄の売買に、大口が来てるかどうかが、株価が上がるかどうかの判断基準になる。

 

大口が来ているときは、こんな感じのチャートになって高値引けする。

 

月曜日の後場寄りから買いが入るパターン(高値引け)

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225