★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

金曜日は、手じまい売りで大損しやすい?

デイトレでよくあること。

 

個人的に、株価が大きく下がって、大損しやすい曜日があるように思う。

 

カレンダーに毎日、その日の成績を、大雑把に○とか×とか書いている。

 

たとえば、大勝ちの時は◎、大損の時は、大きな×、等という風に書いているのだが、それを見返してみると確かに、大損が多い曜日というのがある。

 

その株で大損しやすい曜日は、火曜日と金曜日だ。

 

まず金曜日は分かりやすい。

 

というのも週末の木曜・金曜は、手じまい売りが出やすい曜日だからだ。

 

翌週も騰がると思う銘柄は、土日の休日を挟んでも持ち続けたい。

 

しかし翌週はどうなるか分からない銘柄は、利益確定や損切りをして手放すのだ。

 

これを「ポジション調整」などと呼ぶ。

 

そのため、期待されていない銘柄やすでに旬の過ぎた感のある銘柄は、週末の金曜日にどんどん売られて、株価が一気に下がってしまう。

 

特に月曜日が休日で休場だと、3連休になってしまうため、怪しい銘柄はいくらでも良いから、どんどん手放されてしまう。

 

週末は、買い手もどんどん手仕舞いして、さっさと市場から離れていくので、買い支える人もいなくて、売りたい放題だ。

 

週末で買いが少なく、ジリジリ下がる5分足チャート


デイトレ銘柄は、高値づかみすると大損する

株価が大きく下がる曜日というのは、人によって様々に感じるだろう。

 

日経平均などは週初めの月曜日や、連休明けに大きく下がったりすることも多い。

 

現在の日経平均は、国内企業の成長が見込めず、ドル円の為替レートに大きな影響を受ける。

 

そのため、休みを挟むと為替レートが1円以上変わっていたりして、それで大きく売られたりするようだ。

 

一方、デイトレ向きの新興株や低位株の株価は、日経平均とは別の動きをする。

 

これらの銘柄は、人気化すると株価が2倍3倍と跳ね上がるが、人気が無くなると、あっと言う間に下がってしまう。

 

そのため、株価が急騰したところで掴むと、高値づかみになってしまって、大損しやすい。

 

新興株で大損するケースというのは、こういう高値圏の株が暴落して、利確や損切りが遅れることで起こるのだ。

 

まだまだ株価の上昇が続くと思っていたら、もう既に旬が過ぎていて、大口がどんどん利確して去って行く。

 

そのため、何倍にもなった銘柄は、いつ下がり始めるか分からないので、木曜日や金曜日に大崩れしたりする。

 

10時半ピークでマイ転する5分足チャート
こういう銘柄は、デイトレではよくある「終わり」のチャート。

 

大口が逃げ出すと、基本的には、上昇相場の終わりを意味するので、さっさと手放して逃げるのが得策だ。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225