★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

金曜日の後場で、翌週の株価が占える?

デイトレをしていると、金曜日の引け方によって、月曜日の株価を占えることが多い。

 

というのも金曜日の大引け前は、翌週どうなるかを予想して売買されることが多いからだ。

 

大引け前というのは、他の曜日でも、翌日の株価をイメージして、売買が行われることが多い。

 

すなわち、翌日値上がりしそうなら、大引け前に駆け込みで買うし、下がりそうなら、いったん手放す。

 

しかし金曜日の場合は、事情がちょっと違っている。

 

というのも金曜日というのは、基本的に売りが強いからだ。

 

木曜日や金曜日というのは、ポジション調整が行われる曜日だ。

 

ポジション調整というのは、翌週に持ち越す銘柄と、持ち越さずに手仕舞いする銘柄を切り分けるという作業のことだ。

 

というのも土日の連休の間に、世界のどこかで何かが起こって、それが株価に響くことはよくある。

 

つまり、ムダにたくさん株を持っていたり、建玉を建て過ぎていると、思わぬ大きな損失を被りかねない。

 

そこで、魅力の無い株・銘柄は、ポジション整理されて、手じまい売りされてしまうわけだ。

 

また株価が十分上昇した銘柄も、いったん利益確定したり、株数を減らしたりする。

 

そういうわけだから、金曜日は、ほとんどの銘柄が、売られやすい状況にあるわけだ。

 

そんな中で、翌週に期待が出来る銘柄は、大引けに近づくにつれて買いが増えていく。

 

つまり金曜日に騰がる銘柄というのは、一種の「逆行高銘柄」ってことだな。

 



金曜日にセリングクライマックスがくる?

木曜や金曜日というのは、機関投資家やプロトレーダー達が、利確売りや手じまい売りをする曜日だ。

 

そのため、木曜や金曜の、後場に騰がっている銘柄は、翌週も株価が上がりやすい傾向がある。

 

というのも手じまい売りで株価が下がる中、逆行高している銘柄というのは、何らかの材料があって、それで買われているからだ。

 

言ってみれば「週末の逆行高銘柄」だ。

 

こういう「翌週に期待出来る銘柄」は、前場よりも後場の大引けに近い時間帯に買いが出てくることが多い。

 

というのも木曜や金曜日には、全般的に売りが出やすく、買い手が少なくなっているので、売りがで終わったあとに、買いを入れようとする人が多いからだ。

 

つまり木曜日や金曜日は、売りたい人と買いたい人が、時間差で現れるため、5分足チャートに現れやすい。

 

それが「セリングクライマックス」と呼ばれる、急降下のあとの上昇だ。

 

金曜日のセリングクライマックス?っぽい5分足チャートの例
上の5分足チャートは、午後2時45分まで、売り優勢でどんどん下がっていったが、急に買いが入り始めて、株価が急速に回復したケース。

 

翌週の月曜日には、買いが入って、午後2時過ぎから急騰した。

 

翌週月曜日の5分足チャート
セリングクライマックスは、大引け前に出ることも多いが、前引けで大幅下落したあと、後場に急速に戻るという形もよく見るね。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225