★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

信用取引のメリットは「カラ売り」

株式取引には、現物株取引と、信用取引による売買がある。

 

信用取引というのは、保証金を積んで行う株売買で、およそ3倍の株を売買出来る。

 

大雑把に言うと、30万円の保証金で、100万円分の株売買ができる。

 

これが信用取引のメリットの一つだ。

 

そして信用取引のもう一つのメリットが、「カラ売り」ができることだ。

 

カラ売りとは、株をどこかから借りて来て、それを先に売るという手法だ。

 

先に売って、それをあとで買い戻すことで、その差額を利益としてもらうことができる。

 

イメージとしては、先に買い手を見つけておいて、それから商品を仕入れるみたいなもんだね。

 

で、株のカラ売りができると、何が良いかというと、下落トレンドでも利益が狙えるのだ。

 

買い一辺倒の株売買だと、株価が下がり出すと、何もできなくなる。

 

ところが信用取引ができれば、カラ売りで下げも利益にできる。

 

株価が下がり始めたなと思ったら、買うのを止めてカラ売りして、ヘッジ(リスク回避)もできる。

 

買い一辺倒だと、株価が下がり始めても、持ち続けるか、諦めるかの二択しかない。

 

まだまだ騰がると思っても、リスク回避のために、一旦、株を手放さねばならない。

 

しかしカラ売りができると、とりあえずカラ売りしてリスクを減らし、ハッキリ下がり始めてから、株を売って切り替えられるのだ。

 



カラ売り出来る株・銘柄は「貸借銘柄」

信用取引の大きなメリットは、「カラ売りができること」だ。

 

カラ売りができると、下落相場でも利益が狙えるので、かなりいろんな事ができるようになる。

 

現物株取引だけだと、好きな銘柄があっても、上昇トレンドでしか売買出来ない。

 

しかしカラ売りができると、下がっても利益が狙えるので、下落トレンドでも売買が楽しめる。

 

そしてさらに重要なのが、下落から上昇に転じる瞬間も、捉えることができやすいのだ。

 

株式投資で一番利益が上がるのが、大底で勝って天井で売ることだが、カラ売りをしていると、それに近いことができる。

 

ただし、全ての銘柄で、カラ売りができるわけではない。

 

東証で扱っている銘柄には、大きく分けて二種類合って、一つは「信用」という銘柄だ。

 

信用銘柄は、信用取引が可能だが、カラ売りができない銘柄だ。

 

一方カラ売りが出来るのは、「貸借銘柄」(たいしゃく・めいがら)という。

 

貸借銘柄であれば、特別な場合を除いて、カラ売りすることが可能で、ずっと売買を続けたいのであれば、貸借銘柄を中心に売買すれば良い。

 

貸借銘柄は、東証一部に多く、新興市場銘柄には少ない。

 

ただしSBI証券や楽天証券、松井証券などのネット証券では、証券会社の責任で、カラ売りを許可している銘柄もある。

 

一日信用とか、プレミアム空売りとか、返済期限が一日というカラ売り注文もある。

 

ただしこれは手数料が高いし、値幅もあまり取れないので、あまりオススメしないが。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄を見つけろ!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ウイークリートレード決定版!「5日株トレード法」全セット

★第6位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225miniで稼ぐ秘訣!株価暴落時のヘッジもZONE〜NEW WORLD〜

このエントリーをはてなブックマークに追加