★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

午後2時頃は、商いが減ってダラダラ下がる

デイトレでありがちなこと。

 

次は午後2時くらいの話。

 

午後2時くらいと言うのは、比較的動きが少ない時間帯だ。

 

金曜日の後場などは出来高も減って、動いている銘柄も少なくなっている。

 

日経平均が下落トレンド中で、株価も大きく下がっていると、水曜日や木曜日の後場も、出来高が減っていて、ダラダラと動く。

 

そのため、午後2時頃というのは、株価がダラダラ下がりやすいのだが、有望銘柄だけは、まだ賑わっている。

 

有望株というのは、多少なりとも高値圏で揉み合っているため、急落もあるし急騰もある状態だ。

 

そんな状態だから、ホルダーは、午後2時を過ぎても状況を見守っているのだ。

 

そして午後2時を過ぎても、大口の売りが出てこない場合、まだ上昇相場が続くとみて、買いが少しずつ増えていったりする

 

午後2時頃から切り返した5分足チャートの例
この上のチャートの場合は、高値圏で揉み合いが続いて、前引け前は良い感じだったが、後場にどっと利益確定売りが出て崩れ、そこからまた買いが入っていった例。

 

翌日はどうなるかは五分五分という感じかな。

 



上昇中の銘柄は、下げても早めに回復し始める

株価が上昇し始めたときは、上昇の途中で利益確定の売りが出る。

 

株を買う人というのは、含み益が出たら、それをどこかのタイミングで確定する。

 

そのタイミングは人それぞれだし、そのときの事情によって替わってくる。

 

日経平均が小動きの場合は、新興株や低位株に資金が来るので、利益確定が少なくて、まだまだ利益を伸ばそうとする人も多い。

 

逆に日経平均が大きく動いているときは、新興株や低位株には資金が来ず、東証一部株の売買のために、新興株や低位株を売る動きが出る。

 

上昇中の銘柄で、まだ大きく跳ね上がってないときは、こういう売りは絶好の押し目チャンスかも知れない。

 

上昇中に利益確定売りが出て、そこからまた上がるパターン
このチャートの場合は、前場の最初の揉み合いの下値のところまで下げたが、そこからまた買いが入り始めて、再上昇してほぼ高値引けで終了。

 

こういう風に、いったん利益確定が出たあと、徐々に買いが入って値を戻す場合は、上昇相場が継続して、さらに上昇することが多い。

 

それが分かっているから、2時くらいから切り返すと、さらにどんどん買い板が厚くなって、株価が下がりにくくなっていく。

 

ここから高値ブレイクして終われば、まだまだ期待がデキる。

 

特にトレイダーが少なくなる、木曜や金曜の後場に賑わうと、週初めはさらに人気化することが多い。

 

ただし月曜はギャップダウンスタートになることも多いが。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225