★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

イギリスEU離脱投票で、一喜一憂の東京株式市場

イギリスのEU離脱を問う国民投票が2016年6月23日に行われ、開票作業の結果、離脱派が勝利した。

 

この開票作業は、イギリスでは夜だったが、日本では株式市場が開いていたため、大きく株価を揺さぶった。

 

まず日経平均は、イギリスから伝わるニュースで、大きく揺れ動いた。

 

たとえば10時少し前に「離脱派有利」の一報が入り、日経平均株価は一気にマイナスに転じ、400円安まで下がった。

 

ところが、今度は「残留派がリード」というニュースで、あっと言う間に400円安から、プラスマイナスゼロまで株価が回復した。

 

日本の投資関係者の大方の予想は、「残留派」が勝つというもので、どうも残留派が最後には勝って、株価が再浮上するようなムードが漂っていた。

 

ところがどうもその楽観予想は、全く根拠がないものだったと市場が気づき始めたのか、ジワジワと売り優勢になり、マイナス500円の大幅下落で前引けした。

 

そして昼休みの間に、離脱派の勝利がほぼ確実になり、後場の寄りつきからは売りが殺到した。

 

その結果、一時は1,300円を越える下げになり、サーキットブレイカーが作動して売買が停止した。

 

イギリス国民投票の開票で激しく動く日経平均の5分足チャート
日本の株式市場でも16年ぶりという、大暴落で一日が終わった。

 



なぜか新興市場まで、日経平均と同じ動きに

イギリスのEU離脱投票の開票で、日経平均株価は激しく上下した。

 

結果的には1,200円を越える、大暴落で終わってしまったわけだが、不思議なことに新興株も、同じような動きになってしまった。

 

イギリスがEUを離脱して影響を受けるのは、イギリスに製造拠点を置く企業の銘柄だ。

 

たとえば日産自動車は、ヨーロッパ向けの自動車生産をイギリスで行っている。

 

そのため、日産自動車は、離脱によって大きく影響を受ける。

 

その日産自動車の5分足チャートは、こういう感じで動いた。

 

日産自動車の5分足チャート
一方、バイオベンチャーが多い、東証マザーズ指数はこんな感じで動いた。

 

東証マザーズ指数の5分足チャート
日経ジャスダック平均は、こんな感じ。

 

日経ジャスダック平均の5分足チャート
輸出企業の多い日経225平均が、ドル円の為替レートに敏感に反応するのは、ある意味当然だ。

 

しかしほぼ国内でビジネスをしている新興市場の株まで、こんなに連動して動くというのは、初めて見た。

 

東証一部が大暴落しても、新興市場は無風だったりするのに、ここまで連動して動くのは珍しい。

 

翌日に「追証売り」の影響で、暴落することはあるのだけれど。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225