企業情報は、四季報とネットで集めるが、読み方を学んだ方が良い

株式投資をする場合、投資をする企業のことについて、知っておかないといけない。

 

それがどこに乗っているかというと、「会社四季報」だ。

 

四季報というのは、1年に4回発行されている、上場企業情報集だ。

 

発行されるのは、3月と6月、9月と12月という風に、季節ごとに出ている。

 

会社四季報に載っているのは、上場企業の業績や今後の予測などだが、最近は各証券会社や情報サイトに、同様の内容を無料で出している。

 

だから情報を集めるのには、インターネットを使う方が情報は新しいし、編集時点以降の変更も分かる。

 

本であれば、リアルタイムでの情報を載せるわけにはいかないから、これはもう、ネットで集める方がよさそう。

 

ネットを見ている投資家と、ネットを見ない投資家とでは、情報の新しさが変わってくるから、これはもう仕方がない。

 

ただし、ネット上に情報があるからと言っても、読み方が分からないと、あまり意味はない。

 

だから一冊は四季報を買って、読み方を学んだ方が良い。

 

また、上場会社を殆どすべて載せているわけだから、どういう会社があるのか調べるのにも、手元に置いておいた方が良い。

 

株において、どんな銘柄があるのか、少しでも多くそれを知って、投資先の選択肢を広げておくのは大事なことだ。

 

四季報は年に4回出るが、決算期後に出るヤツを毎年買って、あとはネットで情報を見るというのが、ベストなやり方だろう。

 

★ヤフーファイナンスで、企業情報を!ヤフーファイナンス


広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX